広島カープ緒方監督、野間への暴力が発覚→野球界から暴力追放の徹底を!

緒方孝市

広島カープ緒方監督、野間への暴力が発覚

これだけ体罰やパワハラが社会問題になっているこのご時世に、信じられない暴力事件が発覚しました。

カープは6月30日の横浜戦後に緒方監督が野間峻祥外野手に対し、監督室で複数回平手打ちをしたと公表。

7月24日、球団は緒方監督を「厳重注意処分」としたことを発表しました。

平手打ちの原因となったのは、野間選手の「緩慢走塁」

前に飛んだ小フライをピッチャーフライでアウトと思ったのか一塁に走るのが遅れ、その結果、際どい判定でアウトに。

問題となったのは以下のプレーです。

野球・スポーツから暴力の追放を!

試合後、緒方監督は野間選手を監督室に呼び、密室での暴力に至りました。

カープはこの試合2-2で引き分けたものの、この事件が影響したのか次の試合から泥沼の9連敗。

「なかなか勝てない」「期待の選手が活躍しない」などからイライラが募るのも理解はできるものの、暴力は完全にアウト。

緒方監督は15日に選手全員に謝罪したというが、野間選手とのしこりは埋まらないでしょう。

広島カープの球団としての対応方法にも疑問が残ります。

事件が起こったのは6月30日。

7月15日付けで厳重注意処分となったものの、メディアに公表したのは7月24日。

カープは7月24日に発売された週刊新潮がこの問題を報道してから、慌てて発表したのではとの疑惑も。

厳重注意という大甘な処分に加え球団の隠蔽?に対しても、疑問の声が沸いています。

これらの暴力・体罰は今回の事件だけでなく、野球界、さらにはスポーツ界全体の課題になっています。

NPB、文科省はより効果的な対策を考え、メッセージを発信すべきです。