澤村拓一(巨人)が飲酒し暴行「二度と飲まない」と謝罪

澤村拓一

澤村拓一(巨人)が飲酒し暴行「二度と飲まない」と謝罪

素材は間違いなく一級品なものの、いまいちパッとしない。。

巨人の澤村投手を一言で表すとこのように思う方が多いと思いますが、それは素行の悪さに起因するのかもしれません。

複数のメディアの報道によると澤村投手は4月中旬、都内の飲食店で酒を飲みエレベーターの中で見知らぬ男性の胸ぐらを掴んで、壁に押し込つけるなど暴行。

友人が止めて、男性は怪我なく事なきを得ました。

被害者との話し合いは円満に終了、今後は酒を飲まないと語り謝罪コメントを発表しています。

本人は「覚えていない」というからかなりの泥酔状態だったことが伺えます。

澤村投手と言えば2014年にも暴行トラブル引き起こしたのは有名な話。

今回は4月6日の横浜戦に先発し4回途中4失点でKOされ二軍落ちという中での出来事です。

巨人は原新監督の元絶好調でセ・リーグ首位をキープ。

ただでさえ選手層が厚い巨人にあって、今回の事件で澤村選手が巨人で活躍する場が与えられるのは難しいでしょう。

以下、J-CASTニュースに掲載された巨人広報部と澤村投手本人の謝罪文です。

読売巨人軍広報部

本人は酒に酔った上、エレベーター内に乗り合わせた方の首のあたりを片手で突然つかんで数秒の間、壁に押し付けたため、周囲から止められました。

球団としては本人を厳重に注意し、先方の方には本人が謝罪した上で、話し合いは円満に終了ました。

本人は深く反省し、いずれも自らの意思で、一切お酒を口にしないことを誓う断酒の誓約を書面で立て、贖罪の意味で野球振興のための寄付を申し出て実行しています。

球団としても改めてお詫びいたします。

澤村拓一投手コメント

見ず知らずの方に怖い思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。

このようなことは人として決して許されるはずはなく、お酒を二度と飲まないという断酒の誓いを立て、今はチームの勝利に貢献できるよう練習に精進しています。

先方の方、そして巨人ファン、野球ファンの皆さまに深くお詫びいたします

笠原大芽 笠原将生(元巨人)のYoutube「笠原チャンネル」が面白い!