横浜Denaベイスターズ泥沼「10連敗」原因は?

筒香

横浜Denaベイスターズ泥沼「10連敗」原因は?

横浜ベイスターズは4月28日(日)、不振の宮﨑敏郎を6番に下げて首位巨人に挑んだものの2-7で完敗、ついに10連敗となりました。

「10連敗」はラミレス監督が就任してからは初の事態。

これまでの成績は9勝15敗で最下位、貯金もあっという間に使い果たして借金6となりました。

直近の勝利は4月14日(日)の広島戦(4-2)で2週間もの間、勝利に見放されています。

先発ローテーションは今永、上茶谷、京山、濵口、井納と若手を中心に頭数は揃っており、打つ方も筒香、ソト、ロペスに今季台頭してきた神里、ベテランの大和と破壊力抜群。

しかし、ランナーを塁に出しても「あと一本」が出ず、チャンスを活かせず、打線が繋がらないシーンが目立ちます。

投打において力のある選手は揃っているだけに、一つの勝利がキッカケでまたチーム状態が上向きそうです。

各チーム、GWの連戦という序盤戦の重要な時期を迎えています。

横浜が広島のようにどん底から抜け出せるか注目です。

横浜ベイスターズ10連敗のスコア

相手 スコア 敗戦投手
28日 巨人 × 2-7 京山将弥
27土 巨人 × 4-5 井納翔一
25木 阪神 × 3-5 山﨑康晃
24水 阪神 × 1-3 大貫晋一
23火 阪神 × 3-8 上茶谷大河
21日 広島 × 4-7 国吉佑樹
20土 広島 × 2-9 井納翔一
19金 広島 × 1-2 パットン
17水 中日 × 1-3 濵口遥大
16火 中日 × 1-7 上茶谷大河
横浜スタジアム 2019年横浜スタジアム(横浜ベイスターズ戦)の試合日程