「リクエスト制度」2019年からのルール変更点

リクエスト制度

「リクエスト制度」2019年からのルール変更点

2018年から日本のプロ野球においても導入されたリクエスト制度。

リクエスト制度とは微妙なプレーの判定において監督がビデオによるリプレー検証を求めることができる制度です。

2018年のリクエスト制度は以下の内容にて運用されました。

  • 審判の判定について監督がビデオのリプレー検証を要求できる
  • ストライク、ボール、ハーフスイング、ボークの判定は対象外
  • 監督がリクエストを行使できるのは1試合につき2回
  • リプレー検証の結果、判定が覆れば回数は2回のまま
  • 延長戦に入った場合は新たに1回増える

リクエスト制度については賛否両論ありましたが「判定の納得感」が増すことからファンには概ね好評で、導入は成功だったと思います。

そして2019年度からは新たに以下のプレーもリクエストの対象として、リプレー検証を求めることができるようになります。

  • コリジョン(本塁でのブロックや体当たりを禁止するプレー)
  • 併殺崩しなどの危険なスライディング
  • 頭部死球(危険球)を巡る判定

リプレー検証の結果に異議を唱えた場合、2018年までは監督が退場になると明文化されていました。

2019年からは「異議を唱えた者と監督」つまり、コーチや選手も退場処分になります。

なお、悪質なプレーには警告が出され同じ選手が2度警告を受けると退場、非常に悪質なプレーの場合は1度で退場となるケースもあります。

以上が2019年から変更となるリクエスト制度のルールでした。

横浜ベイスターズ 2018年度プロ野球全球団の観客動員数!NO.1は巨人で300万人