2018年日本のプロ野球がメジャーリーグの観客動員を上回る!

東京ドーム

2018年プロ野球がメジャーリーグの(平均)観客動員を上回る!

2018年度の日本のプロ野球(NPB)とメジャーリーグ(MLB)の観客動員をまとめたところ、歴史的な転換点となるかもしれない?ポイントを発見しました。

  • NPB(日本)1試合あたりの平均観客動員・・29,779人詳細
  • MLB(米国)1試合あたりの平均観客動員・・28,830人詳細

なんと、1試合あたりの観客動員は「NPB(日本)>MLB(米)」となったのです!

2018年度はNPBの観客動員が過去最高を記録したのに対し、MLBは14年連続で3万人を超えていた記録が途絶え28,830人に落ち込むなどアメリカでは野球人気が低迷しています。

メジャーの試合をテレビを観ていて「スタンドがガラガラだな。。」と思った方も多いはず。

NPBがMLBの1試合あたりの観客動員を上回ったのは初めてのこと

なお、総観客数ではNPBが2,555万人でMLBが6,967万人とMLBが圧倒。

これは球団数がNPB「12球団」に対しMLB「30球団」、さらに試合数がNPB「143試合」に対しMLB「162試合」とメジャーの方が球団数も試合数も多いためです。

では、プロ野球とメジャーの各球団を合算した観客動員はどうなるのか?

以下にランキングを作ってみました。

2018年プロ野球とメジャーの観客動員ランキング

順位 球団 平均
1位 ドジャース 47,043人
2位 ヤンキース 42,998人
3位 カージナルス 42,020人
4位 ○巨人 41,699人
5位 ○阪神 40,831人
6位 ジャイアンツ 38,965人
7位 カブス 38,794人
8位 エンゼルス 37,287人
9位 ロッキーズ 37,233人
10位 アストロズ 36,797人
11位 レッドソックス 35,748人
12位 ブルワーズ 35,196人
13位 ブレーブス 31,553人
14位 ○ソフトバンク 36,149人
15位 ○広島カープ 31,001人
16位 ○中日 30,231人
17位 ナショナルズ 30,123人
18位 ブルージェイズ 28,707人
19位 マリナーズ 28,389人
20位 ○横浜 28,166人
21位 ○日ハム 27,731人
22位 ダイヤモンドバックス 27,688人
23位 メッツ 27,469人
24位 ○ヤクルト 27,152人
25位 パドレス 26,772人
26位 フィリーズ 26,644人
27位 レンジャーズ 26,014人
28位 ○西武 24,833人
29位 ツインズ 24,188人
30位 ○楽天 23,972人
31位 インディアンス 23,786人
32位 ○ロッテ 23,127人
33位 タイガース 22,926人
34位 ○オリックス 22,575人
35位 ロイヤルズ 20,557人
36位 レッズ 20,116人
37位 ホワイトソックス 19,862人
38位 アスレチックス 19,427人
39位 オリオールズ 19,311人
40位 パイレーツ 18,316人
41位 レイズ 14,259人
42位 マーリンズ 10,014人

日本のプロ野球でトップの巨人は日米合わせたランキングで42球団中4位、阪神が5位という結果になりました。

一方、日本で最下位のオリックスは34位。

メジャーではオリックスよりも観客動員が少ない球団が8球団もあります。

メジャーリーグでは観客数の格差が非常に大きいのが特徴に。

また、選手の実力やレベルもメジャーとの差が縮まってきているのは明らか。

現在は選手にとってメジャーは憧れや挑戦の場となっていますが、今後はメジャーであればどの球団でもOKではなく、球団を選別した上での移籍ということになりそうです。 横浜ベイスターズ 2018年度プロ野球全球団の観客動員数!NO.1は巨人で300万人