2018年度メジャーリーグ全球団の観客動員数!1位はドジャースで385万人!

MLB観客動員

2018年度MLB観客動員ランキング(平均入場者数順)

球団 総入場 平均
ドジャース 385万 47043
ヤンキース 348万 42998
カージナルス 340万 42020
ジャイアンツ 315万 38965
カブス 318万 38794
エンゼルス 302万 37287
ロッキーズ 301万 37233
アストロズ 298万 36797
レッドソックス 289万 35748
ブルワーズ 285万 35196
ブレーブス 255万 31553
ナショナルズ 252万 30123
ブルージェイズ 232万 28707
マリナーズ 229万 28389
ダイヤモンドバックス 224万 27688
メッツ 222万 27469
パドレス 216万 26772
フィリーズ 215万 26644
レンジャーズ 210万 26014
ツインズ 195万 24188
インディアンス 192万 23786
タイガース 185万 22926
ロイヤルズ 166万 20557
レッズ 162万 20116
ホワイトソックス 160万 19862
アスレチックス 157万 19427
オリオールズ 156万 19311
パイレーツ 146万 18316
レイズ 115万 14259
マーリンズ 81万 10014

メジャーリーグ全30球団の観客動員ランキング(ホーム1試合平均)は上図の通りとなりました。

全球団の平均観客動員数は「2万8,830人」で、これは近年では2003年の2万8,013人に次いで少ない数字です。

観客動員1位はワールド・シリーズに進んだドジャースで、球団記録となる47,043人を記録。

一方、最下位はジーターCEOの元、主力を次々に放出したマーリンズで、1試合あたり僅か10,014人とドジャースの1/5程度の集客に留まりました。

メジャーリーグの観客数が低迷した最大の理由として、春先に襲った寒波が原因とされます。

しかし、ベースボールファンは中高年が多い一方、近年人気が出てきたメジャーリーグサッカー(MLS)は若者のファンが多く、数十年後には人気が逆転する可能性も。

人気球団とそうでない球団の格差も大きく、人気と成績が長年低迷しているチームはオーナーや本拠地の変更など、根本的な対策が求められそうです。 東京ドーム 2018年日本のプロ野球がメジャーリーグの観客動員を上回る!