【2018年】ジャイアンツ(巨人)のプロテクト名簿28選手を予想!

勝ちとれ

ジャイアンツ(巨人)のプロテクト名簿28選手を予想!

巨人は2018年オフシーズンにFAで炭谷銀仁朗捕手(元西武)、丸佳浩外野手(元広島)の2名を獲得しました。

FAで選手が移籍した場合、移籍した選手は旧チームの日本人選手年俸上位からA(年棒1位~3位)、B(4位~10位)、C(11位以下)にランク付けされます。

そして、AとBランクの選手には旧チームが移籍先のチームに対し、人的補償を選択することができます(FA制度、人的補償の詳細

炭谷はBランク、丸はAランクに該当するとされ、西武と広島は巨人に対して人的補償の選手1名を獲得することが可能です。

そこで注目されるのが、巨人が人的補償の対象外とする「プロテクトの28名」

西武と広島はプロテクトされない選手の中から人的補償として獲得します。

一般的にチームの主力、生え抜き、若手成長株は流出を防ぐためプロテクトしますが、どうなるでしょうか?

巨人の選手状況から28名のプロテクト選手を予想してみました。

巨人プロテクト選手予想(投手)

選手2018成績理由

菅野智之 15勝、2.14 エースで先発ローテの軸
山口俊 9勝、3.68 先発として必要
田口麗斗 2勝、4.80 若手の左腕で必要
内海哲也 5勝、4.17 133勝の生え抜きベテラン
畠世周 6勝、2.99 若手成長株、ローテとして期待
鍬原拓也 1勝、6.83 2017年ドラ1位
澤村拓一 24H 中継ぎ、抑えの軸
桜井俊貴 1軍登板なし 2015年ドラ1位
高田萌生 1敗 2軍で最多勝と最優秀防御率
野上亮磨 4勝、4.79 先発or抑えとして
吉川光夫 6勝、4.26 左の先発として
大江竜聖 1軍登板なし 将来の期待が高い若手左腕
宮國椋丞 0勝、1.97 長年期待されているため

巨人プロテクト選手予想(捕手)

選手2018成績理由

阿部慎之助 247、11HR チームの精神的支柱
小林誠司 215、2HR 肩はNo.1
大城卓三 265、4HR 打撃が魅力
岸田行倫 1軍出場なし 2017年ドラ2位 

巨人プロテクト選手予想(内野手)

選手2018成績理由

坂本勇人 345、18HR チームの顔
岡本和真 309、33HR 4番バッターとして
吉川尚輝 253、4HR 二塁のレギュラー候補
田中俊太 241、2HR 吉川とレギュラー争い

巨人プロテクト選手予想(外野手)

選手2018成績理由

長野久義 290、13HR 生え抜き、チームの要
陽岱鋼 245、10HR センターのレギュラー 
亀井義行 254、13HR ベテラン、代打としても必要
松原聖弥 1軍出場なし 2軍で大活躍、若手成長株
石川慎吾 250 2軍で首位打者
重信慎之介 281、2HR 率も残せる俊足外野手
和田恋 125 将来の期待が高い若手

巨人のプロテクトを外れる選手は?

投手・・森福允彦、今村信貴、大竹寛、田原誠次、谷岡竜平、中川皓太、池田駿、戸根千明、高木京介

捕手・・田中貴也、宇佐見真吾

野手・・北村拓己、若林晃弘、吉川大幾、湯浅大、山本泰寛、増田大輝

外野手・・立岡宗一郎、村上海斗

このように予想しましたが、結果は内海が西武へ、長野は広島へ人的補償として移籍することになりました。

長野はドラフトで2006年日ハム、2008年ロッテから指名されながらも、巨人入りを希望していたため、指名を拒否するほど巨人に強い拘りを持っているだけに、相当ショックだったことでしょう。

2人共に巨人生え抜きで選手会長も務めるなど、チームの功労者としてプロテクトは外さないと思っていたのですが。。 丸佳浩 元広島「丸佳浩」が巨人にFA移籍した理由を冷静に考えてみた