プロ野球「ゴールデン・グラブ賞2018」受賞選手一覧

ゴールデン・グラブ賞

「ゴールデン・グラブ賞2018」受賞選手一覧

プロ野球の「守備の達人」に贈られる「ゴールデン・グラブ賞」

2018年度セ・リーグでは広島カープから「タナキクマル」の3選手が選出。

そして阪神の梅野隆太郎(捕手)、横浜の宮﨑敏郎(三塁手)、中日の平田良介(外野)が初めて受賞しました。

パ・リーグでは、日本シリーズで広島を「甲斐キヤノン」で封じたソフトバンクの甲斐拓也(捕手)や、楽天のエース岸孝之も初受賞。

菊池、丸(広島)、松田宣浩(ソフトバンク)はなんと6年連続の受賞で、もはやゴールデン・グラブ賞の常連組になっています。

それでは2018年にゴールデン・グラブ賞を受賞した全選手をご紹介します。

ゴールデン・グラブ賞2018

セ・リーグ

ポジション 選手 球団
投手 菅野智之 巨人
捕手 梅野隆太郎 阪神
一塁手 ロペス 横浜
二塁手 菊池涼介 広島
三塁手 宮﨑敏郎 横浜
遊撃手 田中広輔 広島
外野手 丸佳浩 広島
外野手 大島洋平 中日
外野手 平田良介 中日

パ・リーグ

ポジション 選手 球団
投手 岸孝之 楽天
捕手 甲斐拓也 ソフト
一塁手 中田翔 日ハム
二塁手 中村奨吾 ロッテ
三塁手 松田宣浩 ソフト
遊撃手 源田壮亮 西武
外野手 秋山翔吾 西武
外野手 柳田悠岐 ソフト
外野手 西川遥輝 日ハム
トロフィー プロ野球「ベストナイン2018」受賞選手一覧