プロ野球「ベストナイン2018」受賞選手一覧

トロフィー

プロ野球「ベストナイン2018」受賞選手一覧

NPB(日本野球機構)は2018年度のベストナインを発表しました。

セ・リーグのMVPは広島の丸佳浩(2年連続2度目)、パ・リーグは西武の山川穂高(初)が受賞。

丸は打率.306、39本塁打、97打点、山川は打率.281、47本塁打、124打点と共に打ちまくりリーグ優勝に大きく貢献。

そして新人賞は横浜の東克樹(投手)、楽天の田中和基(外野手)が選ばれました。

東は横浜のローテーションの一人として11勝5敗、防御率2.45と活躍。

田中はプロ2年目でレギュラーの座を勝ち取り打率.265、18本塁打の成績で、楽天の野手としては初めて新人賞を獲得しました。

なお、菅野(巨人)、宮﨑(横浜)、丸(広島)、松田(福岡)、秋山(西武)、柳田(福岡)の6選手はゴールデン・グラブ賞も受賞。

大きな賞をダブルで勝ち取り、オフの契約交渉でも年棒が大幅アップとなりそうです。

ベストナイン2018

セ・リーグ

ポジション 選手 球団
投手 菅野智之 巨人
捕手 會澤翼 広島
一塁手 ピシエド 中日
二塁手 山田哲人 ヤクルト
三塁手 宮﨑敏郎 横浜
遊撃手 坂本勇人 巨人
外野手 丸佳浩 広島
外野手 鈴木誠也 広島
外野手 ソト 横浜

パ・リーグ

ポジション 選手 球団
投手 菊池雄星 西武
捕手 森友哉 西武
一塁手 山川穂高 西武
二塁手 浅村英斗 西武
三塁手 松田宣浩 福岡
遊撃手 源田壮亮 西武
外野手 秋山翔吾 西武
外野手 柳田悠岐 福岡
外野手 吉田正尚 オリ

パ・リーグのベストDHは近藤健介(日ハム) ゴールデン・グラブ賞 プロ野球「ゴールデン・グラブ賞2018」受賞選手一覧