吉田輝星(金足農業)投手に注目!ドラフト上位確定→甲子園No.1?

吉田輝星

吉田輝星(金足農業)投手

吉田輝星選手の経歴・プロフィール

名前 吉田輝星
かな よしだこうせい
出身 秋田県潟上(かたがみ)市
小学校 潟上市立天王小学校(軟式)
中学校 潟上市立天王中学校(軟式)
高校 秋田県立金足農業高校
代表歴 侍ジャパンU-18代表(2018)
生年月日 2001年1月12日
身長/体重 176cm/81kg
ポジション 投手
球種 ストレート、スライダー、カーブ、スプリット
投打 右投げ右打ち
家族 父、母、弟
SNS なし

伸びのあるMAX150kmのストレートを投げる本格派右腕。

2018年度侍ジャパンU-18代表第一次候補にも選出されています。

夏の秋田県大会では全5試合を1人で投げ抜き甲子園の切符を勝ち取りました。

高校生No.1右腕との呼び声高く、1回戦の鹿児島実業戦では伸びのあるストレートなどで14奪三振を奪い1点に抑えて完投勝利。

打者としても優れており、3回戦の横浜戦では自らも2ランを放つなど投打に渡る活躍でチームの勝利に大きく貢献しました。

2018年夏の甲子園では強豪校相手に一人で投げきりチームを率いたものの、決勝の大阪桐蔭戦では疲れから本来の投球ができず12点を奪われ、惜しくも日本一には届きませんでした。

しかし、プロからも注目される投手であることには変わりなく、2018年のドラフト会議では上位指名が期待されています。

吉田輝星投手(金足農業)2018年夏の甲子園の成績

  対戦校と結果 投球数 奪三振 MAX 自責
1回戦 5-1 鹿実 157 14 148km 1
2回戦 6-3 大垣日大 154 13 149km 3
3回戦 5-4 横浜 164 14 150km 4
準々決勝 3-2 近江 140 10 146km 1
準決勝 2-1 日大三 134 7 148km 1
決勝 2-13 大阪桐蔭 132 4 146km 11

甲子園では1回戦から5試合連続完投、決勝の大阪桐蔭戦では5回で降板。

吉田輝星投手に対するプロスカウトの評価

スピードも切れも増したし春よりいい。緩急もつけられるし、フィールディング、けん制など全てがいいね。ドラフト上位候補だ。(広島・近藤スカウト)

センスの高い投手。自分の担当している(北海道、北東北の)高校生で一番。投手としてのセンスが高い。桑田さん的なタイプ。(日ハム・白井スカウト)

今年の高校生の右投手では一番。直すところがない。けん制、フィールディング、マウンドさばき、全部がうまい。センス、完成度の高さを例えるなら桑田。ギアの入れ方は才能。指先の感覚も含めて、抜群のセンス。(楽天・長島スカウト部長)

吉田輝星選手に対するSNS(twitter)の反応

吉田は日ハムへ!
2018年のドラフト会議で吉田輝星選手は日ハムから1位指名を受け、日ハムへ入団しました。
西純矢投手 西純矢(創志学園)が凄い!最強の2年生投手!ガッツポーズで注意も